ホーム   グルメ   夜はイタリアンバー・昼はラーメン、二毛作のラーメン屋「まぜそば めん佳」がかなりキテる。

 グルメ    275

 

夜はイタリアンバー・昼はラーメン、二毛作のラーメン屋「まぜそば めん佳」がかなりキテる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

駒込駅東口からアゼリア通り商店街を歩いていたら、商店街沿いに小さな看板がひっそりと置いてあります。以前の記事【変わり種ラーメン見つけた!駒込「GANCON NOODLE(ガンコンヌードル)」の新作「塩レモンそば」。】から近いです。商店街沿いではなく、ちょうどローソンの裏手辺り細い路地にひっそりとラーメン屋があるようなので行ってきました。

じつは何回か通り過ぎてしまい、何処にあるのかわかりませんでした(笑)
なぜかというとこの外観。なんと昼と夜、違う屋号でお店をやっている、まさに二毛作なお店なんです!

昼は立看板とのれんでラーメン店「まぜそば めん佳(めんか)」を営業、夜はイタリアンバー「sound kitchen otto albero (オットアルベロ) 」を営業しています。なので、ラーメン店だと気が付かず、通り過ぎてしまいました。

店内はまさにバーカウンター。どんなラーメンが出るのか楽しみになります。

メニューは二種類。「スパイシー香りまぜそば」と「辛旨まぜそば」どちらも800円。お会計は前金でカウンター越しに手渡しします。「スパイシー香りまぜそば」を注文しました。

なんともゴージャス!

参った!なんとも豪華です。「スパイシー香りまぜそば」は数十種類のスパイスをブレンドした「まぜそば」のことで、これがまたスパイスと酸味のバランスがいい。色どりがよく、素材がなんか豪華すぎるので、思わず店主に「800円って安くないですか?」と聞いてしまった。

こちらの店主は昼も夜もどちらもご自身で営業されていて、昼ラーメン店、夜イタリアンバーという二毛作を実現されている強者でした!
六本木でイタリアンを修行された方が考案されたラーメンですので、こちらのまぜそばラーメンは少しパスタを食べているような感覚です。「イタリアンの技法を取り込んだ新しいスタイルのまぜそば」ということでした。

それにしても内容がいい。チャーシューは出す前に炙ってくれます。

食べ方が記載されていました。なんと「まぜ飯」を最後に無料で提供してくれるということでいただいてしまいました。

スポンサーリンク

後日「辛旨まぜそば」をトライ。

あまりにも気に入ってしまったので、後日「辛旨まぜそば」を注文。こちらも辛くて美味しい!

「まぜ飯」をもちろんいただきました!

私がラストだったらしく、出る時には、イタリアンバーの看板に変わっていました。後日食べログで調べたら、なんだかここ、知る人ぞ知るお店みたいですね。夜も是非来てみたくなりましたw

スポンサーリンク

コメント

プロフィール

bbb

WEBデザインと輸出入業してます。海外関連、グルメ関連をメインに記事にしています。キュレーションへの投稿、ページのいいねとシェアに喜びます。個人事業の方を応援します!

I'm web designer, and export-import business also. Feel free you can add me on Facebook

 https://www.facebook.com/bbp.jp