ホーム   海外   【海外居酒屋】日本人オーナーのお店。ワシントン州・シアトルの日本料理屋「SUIKA SEATTLE(西瓜居酒屋)」。

 海外    1,228

 

【海外居酒屋】日本人オーナーのお店。ワシントン州・シアトルの日本料理屋「SUIKA SEATTLE(西瓜居酒屋)」。

このエントリーをはてなブックマークに追加

実はシアトルに行く前に美味しい店を調べておりまして、Junglecity.comというサイト(シアトルの日本語情報サイト)を発見し、そこに掲載されていた「シアトルで活躍!日本人シェフ:居酒屋 『Suika Seattle』オーナーシェフ 木本真さん」という記事を発見し、おぉこれは行きたいということで行ってきました。

黒塗りの店舗。暖簾が目立つ。

日本ではお馴染みのアニメのキャラの張り紙がありましたw
日本人がオーナーとのことでしたが、こうくると思っていなかったので、これはこれでよしw

スポンサーリンク

店内に入ります。

バーカウンターがすでに満席。店内は、外国人が設計した日本っぽい感じに仕上がってますねw
サッポロのタップハンドルが刀になっているのがカッコええ!
さすがアメリカ、様々な人種のお客様が沢山いますね。

この雰囲気。マッドアウトされた内装に鉄格子、欄間にブラックライトって発想が型破り。

お店で一番目だった装飾はこれ。日本酒の酒瓶を使ってシャンデリアにしてしまった!こういうのはアメリカ人が得意そうなアイデアですね。

スポンサーリンク

早速メニューを拝見。

ここにもオリオンビールがあります。ハイボールがあるのが驚いた!

おぉ!!黒霧島が置いてあります!芋焼酎を海外でいただけるのは凄い。

ま、とりあえずビールです。お店の「すいか」マークが入ったグラスでいただきます。

「THE EDAMAME(枝豆)$5」。これはもう海外でも居酒屋ならだいたい置いてあります。

おっと、メニューはこんな感じでした。日本語の手書きメニューが素晴らしい。この時点でちょっと安心してしまうのは自分が日本人だからですね。シアトルでバッテラがメニューにあるのも凄い。

まずは「SHIO-DARE CHIKEN WINGS(タシの手羽先)$11」。ちょっと塩っぱいがおそらくアメリカ人向けにローカライズされている模様。でも美味しいです。

「SOCKEYE SALMON CARPACCIO(サーモンのカルパッチョ)$11」。甘口醤油ソースに、マヨ、ガーリックチップが乗っているところがアメリカ風って感じ。

「SMOKED TUNA TATAKI(スモークツナタタキ)$10」。自家製ラー油ソースの鮪タタキです。やはりガーリックチップがw

なんとレモンサワーがこの店にはあるぞ!! 「DIY! CHU-HI!」というネーミングで、「Sho-chu, Soda, Fresh cut whole fruit!! Comes with squeezer」という説明書きがありました。これは興味深い。アメリカでレモンサワーに有りつけたのはかなりありがたい!

今回一番想像と違ったのがこれ、「CORN KARA-AGE(とうもろこしの唐揚げ)$6」。

締めに「YUZU GIN TONIC($8)」をいただきました。

いやー、これはなんだか新鮮でしたね。海外で日本人が成功されているというのは本当に素晴らしいし、嬉しい事ですね!

シアトルのホテルを探す – Booking.com 

スポンサーリンク

コメント

プロフィール

bbb

WEBデザインと輸出入業してます。海外関連、グルメ関連をメインに記事にしています。キュレーションへの投稿、ページのいいねとシェアに喜びます。個人事業の方を応援します!

I'm web designer, and export-import business also. Feel free you can add me on Facebook

 https://www.facebook.com/bbp.jp